「企業が求める人材」について分析してみた あらゆる企業が共通して評価する人材のポイントとは?

スポンサーリンク



こんにちは、ムラコウです。

今回は就活に関する文献を読んだので、簡単にまとめます。

 

テーマは、

「企業が求める人材」です。

 

今の時代は高度経済成長のような右肩上がりの状況ではなく

先の読めない目まぐるしく変わっていく世の中です。

 

そんな中で、企業が一体どんな資質能力を兼ね備えた人材を求めているか?

 

そんなテーマの関する事項をまとめました。

  • これから就活をする学生
  • できるだけ早い時期に就活における優位性を確保したい新入生
  • 大学生活での指針を定めたい学生

そういった方々に参考になる記事となっています。

 

一般的に求められるスキル

 

企業といってもさまざまな業界があります。

その分、求められる人物像もさまざまです。

 

そこで今回は、企業をトータル的な視点で見た時に、

主に求められる人物像として多くの企業に共通する部分を紹介していきます。

 

つまり、ここで紹介するスキルは汎用性が高く、

就活において、または社会人としてマスト・オブ・マストになります。

課題設定・解決能力

 

おもに、自ら課題を見出し、解決する力のことをさします。

変化が激しい現在において、

自ら課題設定・解決できる人材というのは企業にとって価値ある人材です。

 

なぜなら、企業だって時代の変化に対応していかなければ廃れて行くからです。

その企業の構成要素である社員が課題設定・解決能力があるかどうかが

企業の存続に影響するといっても過言ではないです。

 

耐力・胆力

困難から逃げ出さずにそれに向き合って、乗り越える力をさします。

仕事をするにあたって、困難な状況は必ずおとずれます。

 

困難な状況に直面した時に、

いかに冷静になれるか、対処できるかが問われます。

 

当然そのような状況で

投げやりになってしまう人は仕事を失敗し自信も失い、信用も薄れます。

逆に真摯に向き合って解決まで至れた人は社会的価値も信用も高まります。

 

最終的にはその違いが年収に大きく影響してきます。

 

大学での課題(レポートや論文)、タスクなど、

自分にとって苦手なことでも、やらなきゃいけないことをやり遂げるスキルは

社会に出てから大きな影響を与えるといえます。

 

それは、レポートなどの課題を通じて

大学生活のなかでも訓練可能なのです。

 

コミュニケーション能力

ここでいうコミュニケーション能力とは、

課題を解決するために、その必要性を人に説明し、

説得するための能力のことをさします。

ハーバード流 交渉術の本質をまとめてみた

 

決して、飲み会でウェイウェイしてるからといって、

コミュ力があるとは言えないということです。

 

コミュ力の次元が違います。

そこをはき違えないようにしましょう。

 

企業がもとめるコミュ力はあくまでも

ビジネスを円滑に進めるための対話力です。

ヒッチハイクで実践した人間関係を深めるコミュニケーションスキルを読むと

具体例とともにノウハウを公開してるのでより深く理解することができます。

合わせて読みましょう。

日常から「企業が求める人材」のスキルを意識しよう

 

就活の面接日が近づいて

急に「課題設定・解決能力」「耐力・胆力」「コミュニケーション能力」

これらを高めるといっても、ほぼ不可能です。

 

これらは短期的に養えるスキルではなく、

日々日常から継続して意識し実践していくことでしか身に付けられません。

 

なので、普段から意識する必要があります。

僕は大学生なので、学生生活の面で言うと、

  • レポート、論文で課題設定力&論理的思考を高める
  • そのために自分の研究分野に関する情報に敏感にアンテナをはる
  • それを継続して行う(耐力・胆力に向上)
  • ゼミやサークル等のコミュニティで議論して多様性を学ぶ

 

といったことが思い浮かびます。

もちろん人それぞれ環境や思考は違うので

これといった正解はないです。

 

自分で考えて実践できればどんなこともプラスになります。

 

いずれにせよ、「企業が求める人材」に関するスキルを伸ばすことは

就活するorしないに関わらず

人間的に成長できることは確かなので、実践すべきだと思います。

 

なぜなら、

「企業が求めるスキル」=「社会が求めるスキル」

という見方もできるからです。

 

おわりに

いかがでしたか?

今回は企業が共通して求める人物像についてザっとまとめました。

 

言われてみれば当たり前で耳だこのような内容かもしれませんが

以外にできてる人は少ないといった現状ではないでしょうか。

 

冒頭でも言ったとおり、

筆者は現在大学生で、まさにこれから

就職活動の準備を進めていかなければいけない時期に差し掛かっています。(学部三年生)

 

業界研究、自己分析、インターン等の情報収集をおもにやってます。

(正直、就職以外の道も視野にあるけど)

 

なので、まだ僕自身、勉強中という段階です。

決してキャリアコンサルタントではないのです。

 

今回の記事は、自分への備忘録・教訓として書いたという感じです。

しかし僕と同じ、もしくは就職を意識し始めている学生さんには参考になると思い

ブログ記事として発信させていただきました。

 

僕と似たような境遇の方、一緒に頑張りましょ(笑)

 

コミュニケーションに関する記事

ヒッチハイクで実践した人間関係を深めるコミュニケーションスキル

 

人脈を獲得する際に必要な理論は

人脈を獲得する際に大切なこと&ノウハウを読むことで

深く理解できます。人脈について考えることは普段あまりないと思うので

この機会にどんどん学んでいきましょう。知ってて損はないです。

むしろ有益です。

 

 

 

 


スポンサーリンク



ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です