【読書術】読書で効率よく情報収集

スポンサーリンク



こんにちは、ムラコウです。

僕は読書が好きで、様々なジャンルを読みます。

ビジネス、自己啓発、経済、国際関係、小説、健康などです。

そこで、僕が読書をする際に意識してるポイントを紹介します。

 

気になるところだけ読む

 

たぶん多くの人は、読書の際、すべてのページを読み切ろうとするでしょう。

昔の僕もそうでした。

 

しかし、全部読み切った後、すべてを理解し、実践しているかというと、そうではありません。

本を読んで知識を得たら、それを実践して自分の血肉にしないと何一つ意味がないです。

知識は実践して使えるようになることで、はじめて価値があると言えます。

 

 

知識があるけど実践してない、ゆえにできないのでは、それは死んだ知識です。

単なるノウハウコレクターで終わってしまいます。

なので、本を一冊読んで知識を得たところで、それを実践しなければいけません。

 

 

しかし、一冊分の知識は膨大なもので、なかなか実践できません。

実践できたとしても、長続きしないでしょう。

 

 

じゃあ、どうすればいいの?

 

って話になりますが、答えはズバリ...

 

自分が気になったところ、必要なところだけを読むべし!

これにつきます!つまりは、断捨離の様なもので、多くの部分を捨てることを徹底します。

 

 

具体的なやり方としては、

  1. 目次をバーッと読んで
  2. 自分が気になった部分をピックアップ
  3. その部分を読む
  4. 実践してみる

 

といった感じ、とてもシンプルです。

 

全部読んで満足して、実践しないより、

何か一つでも学んで実践し、自分の血肉にした方が明らかに成長するし、効果があります。

ようは、1つの本から何か1つ、たった1つ学んで身に着ければそれでいいんです。

 

それで物足りないなら、また追加で学んで実践すればいいだけの話ですし。

完璧主義にならないことが大事ですね。

 

完璧主義になりすぎるのはマジでよくないです!

完璧主義の落とし穴の記事では、そのことは理解できるはずです。

本を一冊買って、

「全部読まなければいけない!」という考えは捨てましょう。

 

 

そうではなくて、

 

「何か一つでもいいから吸収しよう」

という、軽い気持ちで大丈夫です。ハードルを下げましょう。

 

そうすると読書をする負荷も感じなくなり、

たくさんの本を読むようになるので知識スキルも身に付き、自分に自信が持てるようになります。

世の中は物事を知っていて、実践できるかできないかで人生が大きく変わります。

 

 

そのくらい僕は知識を得ることは大切だと思うし

実践して自分の血肉にすることはもっと大事だと感じています。

 

実際、知識があるかないかが収入に大きな影響を与えるという話はよく聞くし、現実的にそうです。

良く考えると当たり前ですよね(笑)

 

 

知識がない人より、知識がある人の方がより理にかなった戦略が立てられるし

人に与える影響力も半端ないです。

そうなったときに、本は情報収集にはうってつけのツールだし

ここで紹介した読書法を実践していけばどんどん力がついて、

自分の可能性を無限に広げられます。

 

 

また僕の場合は

本から知識を得て実践し、

少しずつ成長していくのが、単純に楽しいです。

知らない世界、他人の人生を疑似体験できるので、自分の人生に良い影響を与えてくれます。

 

 

そして、せっかく有益な情報に出会えたんだから、

実践しないともったいないと自然に思うわけです。

って言うことで皆さんも

本から何か1つでも自分の血肉にする!」

 

をテーマに様々な情報に触れて、私生活に生かしてみてください。

ノーリスクだしモノの考え方も変わるので、

自然に人生が楽しくなってきます。

ではっ!!

※小説等の物語系は例外です


スポンサーリンク



ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です