路上パフォーマーから学んだことは、挑戦、勇気、そして恥をかくことです。

スポンサーリンク



駅前の路上や商店街、公園や広場で
路上パフォーマンスしてる人ってよくいますよね。

種類も様々で、
歌、ジャグリング、ダンス、楽器の演奏、マジック、紙芝居などなど

それぞれ個性があります。
どの分野に限らず、彼らは挑戦してる
あるいは好きなことを好きなようにやっている。

そういう人を見てると、
「俺も負けてらんないなーーー」
ってなります。刺激になります。

無論、
僕は歌もダンスもマジックもできません。
人前で見せれる特技など一切ありません。

ゆえに、路上パフォーマーではありません。

にしても、彼らの姿勢は刺激になります。
趣味で軽い気持ちでやってる人もいるかもしれないけど、
公の場で知らない人たちに自分を発揮するのって勇気いりません?

人に見せる訳ですから、
称賛だけではなく、批判を浴びる可能性もあるわけです。
失敗して、人前で恥をかくって可能性だってあります。

それでもパフォーマンスをする
何かしら人に伝えたいものがあって、
行動している。

ここまでをまとめると
路上パフォーマンスしてる人をたまに見る。
僕の視点から見て、彼らから学ぶこと(感じたこと)は3つある。

①挑戦すること
②好きなことを物怖じせず表現すること
③勇気をもって行動すること

その3つ。
僕はもともと、「勇気」とか「挑戦」とか
精神論みたいな類の言葉が好きではなかった。

「たかが綺麗ごとじゃん。バカバカしいなー。」
そう思っていた。

しかし、
東南アジア周遊、海外留学、ブログ運営、ヒッチハイク...
僕自身も色々と自分なりに、挑戦してた。
そのために勇気を振り絞った。

そしたら、今までにない情報や価値観に触れる機会が増えて
自分の世界が広がった。
挑戦したことで圧倒的にでかい学びになって
人生の密度が濃くなった。

その過程でできた友達もいる。
日本に限らずアジア、アフリカ、ヨーロッパとか。

こういった事実は、明らかに自信になった。
自信を得れたのは、自分にとって一生の財産と思ってる。

多少だけど自信を持てたことで
次の挑戦の原動力になる。つまり、行動できる。

そしてまた色んな情報に触れて、体験価値を得て、
人脈ができて、成長につながる。

人生の密度が上がって、
人生が豊かになる。

この感覚を一度味わったら、やみつきになる
単純に楽しい。楽しすぎる。
成長すればするほど、生きる世界が広がって、無双できそうな気がする。

自分でビジネス、事業を立ち上げる。
旅しながら稼ぐ。
海外で働く。ボランティアでプロジェクト運営する。

いろんな選択肢が僕にはある。
挑戦する過程で出会った人たちから得た選択肢。

ただ、いくら選択肢があっても、
選ぶときは1つ。1つだけ。

長期的にはいくつも挑戦できるが
選ぶその瞬間という短いスパンで見たら、
やっぱり1つだけだ。

自分の人生を左右する1つ。
この「1つ」は、後悔のない選択にしたい。

だからこそ挑戦したいし、
アグレッシブに生きたい。

失敗してもいい。
恥をかいてもいい。

必ずやらないと学ぶことはあるし、
若ければ若いほど、軌道修正はしやすい。

路上パフォーマーみたいに
自分の感情に嘘をつかず
やりたいことを全力で追求したい。

周りの意見は気にしない。
周りの目は気にしない。

自分は自分。
他人は他人。

他人のために生きてる訳じゃない。
自分のために生きる。

他人に尽くすのは、自分を幸せにしてから。
自分すら幸せにできない人が
他人を幸せになんかできない。

日本は教育の関係上、
異端者が排除される風潮がある。

皆と意見がくい違うと、
冷たい視線で見られる。

授業中間違ったら恥をかく。

ゆえに自分の意見が言えなくなっていく。
皆と合わせるのが善とされる。

だけど本当は
そこに善も悪もない。

多数が間違ってて
少数が合ってることだっていくらでもある。

常識という概念もそう。
常識=正しい知識とは限らない。

「貯金をするべき」というのは
銀行にお金を預けると、銀行が国民から回収したお金で
国債を買う。それが国にとって都合がいいからにすぎない。

一日3食も、食品会社が
売り上げアップのために掲げた謳い文句。

そんな感じで
勉強すればするほど、本質が見えてくる。

常識が常識じゃないことも分かる。

つまり何が言いたいかっていうと
自分の意見がいくら周りと違っていようと、
レールから外れようと、
批判されようとバカにされようと
気にする必要がない。

というより、気にしてる場合じゃない。

自分がやりたいことをやるのにおびえて
結局やらずに後悔する方が超絶に恐ろしい。

時間は取り戻せないから、
リスクを少し起こしてでも挑戦すべき。

リスクをおかさないことが最大のリスク。
挑戦しないと失敗すらできない。学べない。

だからこそ僕は
自分がやりたいことを周りになんて言われようと、やる。
勇気をもって、挑戦する。失敗する、恥をかく。
そこから学びに続けて、成長する。

そして人生を濃くする、楽しむ。

これが僕の鉄板。人生のテーマ。

今思えばこの文章自体、はたから見ると
「何こいつかっこつけたこと言ってんの?」
「実績もないくせに笑笑」
「こいつ現実なめすぎだろ、てか無理だろ」

って思われてるかもしれない(笑)
でも、それすら気にしない。

そんなの気にしてたら、
息苦しいです、単純に。

路上パフォーマーのように
やりたいことを追求する
楽しむ、挑戦する、物怖じしない。

自分の人生は自分で作る。
常にこの気持ちは持っていたいです。

いくら可能性に満ちてる人でも
何も挑戦しなかったら
結局は可能性ゼロの人と同じ価値ですからね。

それくらい今回お話ししたキーワード
「挑戦」「勇気」「失敗と恥を恐れない」
ってめちゃくちゃ大事だと分かります。

何事もこれらの3つが
ファーストステップではかなり大事です。

次のステップでは、
「良質な知識と情報」と「良質なアウトプット」
この2つが必要になります。

その辺のことは話せば長くなってしまうので、割愛します。

はい、今回は自分の感情を書きなぐるような
メモ的なレポートでした。

でも発信することで、誰かしらに刺激になってくれたらいいなー
って思って、書いてみました。

ちなみに僕が具体的に何に挑戦したいのか、
しようとしてるのかは下記記事に書いているので是非ご覧ください。
今やりたいことがない人にも、参考になるはずです。
僕ムラコウが人生でやりたいこと100のリスト

以上。


スポンサーリンク



ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です