誰でもできる!!売れるセールスレターを書こう

スポンサーリンク



今回はビジネスで必要な
セールスレターの書き方!
について説明していこうと思います。

僕もまだ勉強中の身ですが、
年商1億円のマーケターの方が用いている
ノウハウをシェアします。

なので安心してください。

セールスレターで理解すべきF⇒A⇒B

F⇒A⇒Bとは
セールスレターを書くための型です。

それぞれ、
F(フィーチャー)⇒特徴
A(アドバンテージ)⇒利点
B(ベネフィット)⇒利益
という意味です。

F⇒A⇒Bを用いることで
誰でも簡単にセールスレターを書けるようになります。
そして、稼げるようになります。
お客さんの感情を揺さぶる、売れるセールスレターです。

反対にF⇒A⇒Bの型を知らずしてセールスレターを書いた場合
お客さんの感情に何一つ響かない
売れないセールスレターになってしまいます。

自分ではよさげなレターだと思っても、
お客さんに響いて、かつ購入にまで至らないと結果になりません。

ゆえにいくら時間とエネルギーを費やして書いたセールスレターでも
全く売れずにそれらの努力が無駄になってしまう。
F⇒A⇒Bを理解していないがために...

そして自信を失ってしまい、
「私は才能がないんだ...」
と、自己嫌悪におちいってしまいます。

めちゃくちゃ恐ろしいですね。
そうなりたくないですよね。

だからこそ、そうならないために
F⇒A⇒Bを理解して、売れるセールスレターを書こう!
ってことです。

では、F⇒A⇒Bをそれぞれ具体的に解説していきます。

 

F⇒A⇒BのF(フィーチャー)特徴で機能を提示

F(フィーチャー)は特徴という意味です。
ようは、商品の説明です。

具体例をあげてみます。

・DVD3時間
・CDアルバム15曲
・本300ページ
・授業3コマ
・映画2時間
・PDF200ページ

ざっとこんな感じです。
あくまでも、商品の特徴
つまり、機能的価値を提示しましょう。

A(アドバンテージ)利点でF(フィーチャー)より1歩進む

A(アドバンテージ)は利点。
F(フィーチャー)特徴から一歩進んだものだと思ってください。

もっと簡単に言うと、
その機能で何ができるのか
といった考え方です。

ここでも具体例を挙げていきます。
・このDVDを見れば、毎日効果的なエクササイズができます。
・このCDアルバムを聴くと、モチベーションがあがります。
・この本を読むと、仕事の効率が上がります。
・この映画を見ることで、戦時中の様子がわかります。
・このPDFを見れば、マーケティングの手法をマスターできます。

分かりましたか?
これらも実はF(フィーチャー)特徴と同様
商品の機能的価値の部分です。

最後は、B(ベネフィット)利点。
これが一番大事です。
めちゃくちゃ大事です。

B(ベネフィット)利益で未来を想像させるべし

セールスレターで一番大事な
B(ベネフィット)利益の部分を解説します。

B(ベネフィット)利益はお客さんの感情を最も動かす部分
購買行動まで促す、押しの部分です。

B(ベネフィット)利益は言ってしまえば
商品を購入し、その機能を使うことで得られる未来
のことです。

つまりは、
この商品を買うことで
Aという地点から、Bという地点まで行けますよー!
と提案することです。

具体例は...
・健康になって、異性からモテて、自信がついて毎日が楽しくなります。
・モチベーションがあがると、仕事効率が上がって収入が上がります。
・仕事効率が上がり、時間が増え、家族と過ごす時間も増えて親子の絆が深まります。
・戦時中の様子を知ることで、いかに自分たちがぬるい基準で生きてきたかを実感でき、意識が変わって行動力も増します。
・マーケティングをマスターすると、一人で家にいながらして稼げてしまいます。

といった感じ。

「得られる未来」を、具体的にイメージさせることで
お客さんは商品に魅力を感じやすくなります

なぜなら、
人は変化に価値を感じるからです。

何らかの不安や悩み、欲望を抱えてて
「その状況から脱したい!」
「改善したい!」
「もっと楽しみたい!」
これらはようは変化ですよね。

やはり変化が価値になります。
映画や漫画もそうですよね。

主人公が成長して強くなったり、
クライマックスで急に壮大なバトルが繰り広げられたり。

変化が感情を動かし、
ワクワク感だったり希望だったり楽しさだったりの
快感物質を促してくれます。

その要素をセールスレターでも生かしていこうってわけです。

 

まとめ。セールスレターを見たらすること。

最後におさらいしましょう。

    • F(フィーチャー)特徴とA(アドバンテージ)で商品の機能を提示し
    • それらの機能でどう変われるかをB(ベネフィット)利益で提示して
    • お客さんの感情を動かし、購入してもらおう

って話でした。

F⇒A⇒Bを駆使したセールスレターを書くためには
自分の気に入ったセールスレターを集め、音読する。

F⇒A⇒Bがどのように盛り込まれているかを研究する。
売れるセールスレターはB(ベネフィット)利益がきちんと入ってて
逆に売れないセールスレターにはその要素がないです。
そういった視点で読んでいきましょう。

そして、次に自分でも実際にF⇒A⇒Bを意識して書いてみる。

それらを繰り返し何度もやる。
つまり、インプットとアウトプットを何度も何度も何度でも繰り返す。

そうすることで身に付きます。

F⇒A⇒Bを駆使したセールスレターを習得して、
お客さんに商品の魅力を伝える能力、営業力をつけましょう。

実はこれは、心理学にもつながっているので、
コミュニケーションスキルの向上というメリットもあるんですよね。

収入も上がって、人間力もあがる。
自分の市場価値が上がって、人としての魅力も上がる。

そして結果的に、人脈も増えて
人生の密度が濃くなって楽しくなります。

当然、自信もついて異性からもモテます。

ビジネスマン以外の人、もっと言えば全人類
F⇒A⇒Bを駆使したセールスレター、絶対習得すべきです!


スポンサーリンク



ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です