海外一人旅してみたいけど怖くて一歩を踏み出せない人へ。背中を押す一言を1ヶ月間で東南アジア一周した僕からの助言。

スポンサーリンク



こんにちは、ムラコウです。

今回は

海外一人旅をしてみたいけど
怖くてなかなか一歩を踏み出せない人へ

今すぐにでも海外へ飛び出したくなるような
助言を送れたらなと思います。

結論から言えば

初めての海外一人旅はそりゃあ超怖かったのは確かです。

これが素直な感想です。初めての環境へ単独で飛び込むんだから

そりゃあ恐怖だよね笑

 

でも、だからこそ行ってよかったなと

心から強く思います。

恐怖7割・楽しかった3割って感じかな、実感値としては。

 

旅に行けばいろんな意味で吹っ切れます。

僕はもともとコンプレックスの塊というのがでかくて

それを払拭するために何かチャレンジをしたいって思ってやったのが

タイとカンボジアへの約二週間の一人旅でした。

これが僕にとって、初の海外渡航です。

 

英語もわからんし土地勘もわからん。てか、英語圏の国じゃねえ笑
そもそも空港すら全然慣れてないから、どこに行けば自分の乗る便の搭乗手続きできるよくわからん。

そんなレベルです。言ってしまえば、成田空港にいる時点で緊張しまくってる状態。
ようはポンコツです。

でも、こんなポンコツな状態でも、海外一人旅はなんとか成立しました。

 

笑顔とノリで、なんとかなるもんだ

 

先述の通り、僕は英語がわからない状態で
単独で異国の地へ繰り出します。

どれくらいできないかというと
大学受験のセンター試験で、わずか4割しか取れなかったレベル。

もっとわかりやすく言えば、中1レベルくらいです。

海外一人旅に踏み出せない人の理由で最も多いのが

英語が話せない

ということかと思います。

 

でも、これ意外となんとかなります。
いくら海外と言えど、相手は人です。

 

なので、買い物や簡単なコミュニケーション、

タクシーでのやりとりなど、身振り手振り、またはメモ帳に書くなど

あらゆる手段を使えばなんとか通じます。

僕は簡単な英単語やフレーズを使って、

自分の感情を表現しました。

Good(いいね)、Can you〜(〜できる?)、I Wanna(〜したい)
など、こんな簡単な英語でも結構汎用性があり
マジでなんとかなります。

相手に自分の気持ちを伝えるゲームだと思って

語学の壁をむしろ楽しんでみてください笑

 

治安が心配!そんな人でもある注意点を抑えれば大丈夫

 

次に心配するのは治安ですかね。

日本が安全すぎるが故に
海外の治安が俄然心配ですよね。

普通にひったくりがあったり、下手したら強盗やテロなど
命に関わるトラブルに巻き込まれる危険性もゼロではありません。

しかし治安が悪い地域ってのはだいたい決まってるし
事前に外務省の治安情報を確認して

危険地域と思われる場所にはいかないようにすればいいです。
また、夜は出歩かない。

いかにも危険そうなスラム街、人通りが少ない薄暗いろ路地には
極力近づかないことが大事ですね。

ただ、しっかり事前に下調べをすることで
リスクは極限まで下げられるので

自己責任で、事前の下調べは必ず行ってください。

海外一人旅を楽しむには
この作業は超大前提です!!

 

なんだかんだ、海外一人旅はハマる

 

今までとガラリと違う環境に身を置いたぶん

入ってくる情報量も圧倒的に多いし、刺激的です。

街や人の雰囲気、売ってる食べ物、人々の活気のある声
ウロウロしてる野良犬、いい加減なタクシードライバー

日本では体験できないありえないことが

平気で目の前で展開されます。

それがいわゆるカルチャーショックだったりしますが
価値観が変わるのは確かです。

海外に一人で行くことで
自分と向き合う時間も増え、将来のことを考えたりする時間も
割と増えるかなと思います。

また、現地人と話す機会も増えて
コミュニケーション能力も上がります。

特に一人だとどうしても土地勘がわからず
現地人に頼らざるを得ない状況が来るので
自分からガツガツ行く必要があります。

こんな感じに、日本だとできないことが、
海外だと無意識にできるんですよね。

こういう経験が自分を成長させるし
故に「俺って、やれるんだ!」っていう自信になる。

しかも経験値も溜まりまくるので
話のネタも増えて、面白い人間になれます。

人とのコミュニケーションが取りやすくなって
それがまた人生を楽しくさせる要素になったり、

さらに自信につながるという。

 

そういう意味でも
海外一人旅をした後に得られる産物って
人間力を上げるって意味で本当に無限に得られるなと。

 

そう、つくづく思いますね。

 

俺には何もできない。

頭も悪いし、自信もない。

コミュ障だし、人と話すのが怖い。

そういう人こそ、思い切って海外一人旅すれば?
って思います。

とりあえずは、
行きたい国を探し、航空券を見てみましょう。

だいたいどのシーズンに
どのくらいの費用でいけるかという検討がつきます。

下に関連リンクを貼っておくので
バンバン行きたい国を検索しまくって
小さな行動から実践してください。

その小さな行動が
のちにあなたの人間性を魅力的にし
最高の人生へのきっかけになるはずです。

 

ー追伸ー

海外で面白い場所とかありましたら、コメント欄にどしどし書き込んでください。

他にも質問等も受け付けます。

コメントを何かしら書いてくれれば、喜びます笑

投稿者プロフィール

murakou
僕はバックパッカー、ネットビジネス、Webライティング、コンテンツ販売、メンタルコンサルティングを主にやっています。

これだけやっていると、超アクティブで才能のある奴だと思われがちですが、もともとはコミュ障で自信もなく、面接にも落ちまくるようなコンプレックスの塊でした。ましてや頭も悪く、毎日10時間の勉強時間にかかわらず、Fラン大学にしか受かりませんでした。ゆえにうつ状態になり、人間関係もこじらせ生きる意味を見出せなくなり苦しみました。
しかしそんな僕でも「失敗しても、死ぬことはない」と吹っ切れ、今までやったことの無いモノにチャレンジしまくった結果、自信がつき充実した生活、仲間を得て楽しく生きれる様になりました。

このブログではそんな僕の日々の学びや、世界を旅して得た知見をシェアします。人生に刺激を求める人、自分に自信をつけたいけど何すればいいかわからない人、海外に興味ある人は是非、読み物として面白いと思うのでどんどん好きな記事から呼んでくれれば幸いです。コメントなどくれれば喜んで返信します。

スポンサーリンク



ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

僕はバックパッカー、ネットビジネス、Webライティング、コンテンツ販売、メンタルコンサルティングを主にやっています。 これだけやっていると、超アクティブで才能のある奴だと思われがちですが、もともとはコミュ障で自信もなく、面接にも落ちまくるようなコンプレックスの塊でした。ましてや頭も悪く、毎日10時間の勉強時間にかかわらず、Fラン大学にしか受かりませんでした。ゆえにうつ状態になり、人間関係もこじらせ生きる意味を見出せなくなり苦しみました。 しかしそんな僕でも「失敗しても、死ぬことはない」と吹っ切れ、今までやったことの無いモノにチャレンジしまくった結果、自信がつき充実した生活、仲間を得て楽しく生きれる様になりました。 このブログではそんな僕の日々の学びや、世界を旅して得た知見をシェアします。人生に刺激を求める人、自分に自信をつけたいけど何すればいいかわからない人、海外に興味ある人は是非、読み物として面白いと思うのでどんどん好きな記事から呼んでくれれば幸いです。コメントなどくれれば喜んで返信します。