ザッカーバーグもスティーブ・ジョブズも実践!〇〇するだけで、誰でも簡単に仕事の効率と生産性を高められる習慣とは?

スポンサーリンク



こんにちは、ムラコウです。

今回は
「仕事のパフォーマンスを上げるために
身につけるべき習慣とは?」

と言うことに関して、話していきます。

結論から言ってしまうとズバリ

「意思決定を断捨離すべし!」
と言うことです。

どう言うこと?となると思うので
ざっとわかりやすく解説していきますね。

ちなみにこの考え方を理解して実践できると
びっくりするくらい仕事の生産性が向上しますよ。

僕も実際、この「意思決定の断捨離」を
習慣にするようになってから

割くべき部分にエネルギーを効率的に注げようになり
実践する前より圧倒的に仕事をこなすスピードが
爆上がりしました。

逆に実践する前は余分なところにエネルギーを使い
肝心の仕事の部分に十分なエネルギーを注げず
やるべきことがなかなか終わらず

ストレスたまるは周りより作業スピードが遅く
劣等感を感じるはで大変でした。

「意思決定の断捨離」は知ってしまえば超簡単だし
習慣化してしまえば仕事が効率的にできて
その分時間も増え余暇も楽しめるようになるので
今回の記事はぜひ、最後まで読んでください。

※3分で読めます。

仕事のパフォーマンスと効率性を上げるには、意思決定の断捨離をすべき論理的理由

ロイ・バウマイスターの研究によると
物事を決める、いわゆる意思決定の際は
頑張ることや我慢、自制心を働かせたときと同じくらいの意思の力、エネルギーを消耗してるといいます。

つまり、意思決定を繰り返すたびに
意思の力が弱くなっていき、
「決定疲れ」と言う現象が起こるんです。
ようは、感情の無駄遣いだと言うことですね。

別に使うべき場面じゃないところで無駄に考え
エネルギーを消耗し、肝心の仕事の場面で
十分なエネルギーを発揮できずゆえに生産性を低め
成果を出しづらくなると言った状況です。

だからこそそう言った無駄なエネルギーを排除し
仕事に全て注げるようになれば
当然仕事の生産性や効率は上がるし
成果も出やすくそれが自信になり
人生の質も上がるでしょってことですね。

僕、ムラコウも意思決定の断捨離を実行して、仕事の効率性を上げました。

僕も「意思決定の断捨離」を実践してみました。

結論からいいますと
1日あたりの作業量を目安に例えると
・ブログ0or1記事→1or2記事納品
・朝はダラダラ→必ず散歩かランニング
・読書0冊→最低1冊(アウトプットも)
・ツイート2つ→最低でも5つ
・作業時間2時間→最低でも3時間

と言った感じで、1日の時間の密度が
圧倒的に濃くなりました。

仕事は進むは運動もできて健康になるはで
いいこと尽くしです。

ただ、このようなことを言うと
「そんなの俺にはできないよ。」
「少し話盛ってない?」
「私は優柔不断だから無理かも」
とかとか、反論をされることがあります。

しかし反論する人は
単に知らないだけであって
「意思決定の断捨離」は誰にでも
簡単に習慣化することができます。

ようは
知ってるか知らないかの差に過ぎないので
知ってしまえばいいわけです。

知ってるだけで
・無駄な時間の排除→作業時間を増やせる
・余暇や趣味の時間も増やせる
・仕事に追われず、精神的な余裕が生まれる
・無駄な労力(エネルギー消耗)の排除→ストレスを減らす
・仕事の生産性UP

と言った恩恵を受けまくれるので
超おすすめです。

正直、全人類が実践すべき
習慣だと思いますよ。マジで。

「意思決定の断捨離」の具体的な実践法を紹介します。簡単ですぐに始めれるので、ぜひやりましょう。

ではでは
「意思決定の断捨離」の重要性を述べたところで
具体的な実践方法を紹介していきます。

ポイントとしては
衣食住のパターンをあらかじめ決めておき
特に朝、仕事以外で意思決定する要素を
少なくしていくことです。

例えば
・着るもののパターンを決めておく
・朝ごはんのパターンを決めておく
・LINEやメールの返信する時刻を決めておく
・朝は仕事以外のメールやSNSをなるべくチェックしない
・掃除や片付けをしなくていいように、常に整理整頓する

と言う感じ。

ちなみに僕は着る服のパターンは
だいたい決まっています。

冬はユニクロのジーパンとタートルネック、
そしてちょっと綺麗めのジャケットです。

夏はTシャツがだいたい3パターンあって
短パンやスキニーを履いてます。

とにかく
「何着ようかなー」
と悩む時間と労力を排除し
パパッと運動したり、仕事したりしてます。

取り掛かるスピードが圧倒的に上がるので
本当に楽ですね。

中高の時を思い出すとわかると思いますが
制服があると毎朝、服に迷う時間が排除されるので
無意識で着るだけですが

友達と遊びいく時や、恋人とデートする時
さすがに制服で行くわけにはいかないので
けっこう労力使いますよね。

僕はファッションには無頓着で
正直着れればいいし、無難なものでいいと言う人種なので
そこに割く労力は極力避けたいんですよ。

だから、大学生になった途端
毎日私服で行くのは面倒で
「大学でも制服とかあればなー」
って思ってましたもん。

「もう、毎日スーツ着とけばいいかな」とか。笑

でもそれにはさすがに抵抗あったので
自分の中であらかじめパターンを決めておくことで

制服着るようなノリで私服を着れるので
今ではものすごく楽な状態で
朝のスタートを切れ、仕事もこなせてます。

成功者の事例も上げておきます。

・Facebookの創業者、マークザッカーバーグ

彼はいつも同じTシャツを着て
同じ格好をしています。

トレードマークのグレーのTシャツは
20枚持っているそうです。

着るものに関して
「エネルギーを使うのは無駄」
と言うシンプルな思想の持ち主で
その分のエネルギーをFacebookに注いでいます。

彼にとってはFacebookをよくしていくことが
最優先事項なので
そこにいかにエネルギーを注げるかが重要なんです。

・オバマ元アメリカ大統領

彼はいつも紺のスーツ姿であると有名です。

服のパターンを決めるという
一見小さなことですが
そういう小さなことから
意思決定の断捨離をしているんですね。

・Appleの創設者、スティーブ・ジョブズ

彼はいつも黒のタートルネックのトップスに
ジーンズというスタイルです。

毎朝、タンスやクローゼットから
いくつもの服を取り出して
今日の予定を想像しながら
その日のコーディネートを意思決定するのは
意外と大変であり

「そこに労力を使うのであれば
Apple製品をよりよくするために労力使うわー!」
って感じのノリでしょう。

まとめ

ということで今回は

意思決定の断捨離をして
労力の無駄遣いを排除しよう。

その排除した分を仕事に回せば
生産性が上がって効率も良くなりまっせ!
という話でした。

最善の仕事をするためには極力日々の決断を少なくし
できるだけシンプルに生活できるように
あらかじめ服や食べ物をパターン化し
習慣にすることが手っ取り早いです。

些細な決断に労力を使ってしまうのは無駄遣いです。

デートや式典など、重要な場面の時は別かもしれませんが、
日常ではなるべくパターン化し、意思決定の断捨離で
生活をシンプルにしましょう。

そして、あなたにとっての最優先事項に
その分の労力を費やし生産性を高めていきましょう。

とりあえず今、紙とペンを出して
自身の今までの習慣を振り返り
無駄に労力を使っていたと思う部分を書き出してみてください。

そして、それをいかにシンプルに
パターン化できるかの具体策を出してみましょう!

これを習慣化できれば、その効果を実感できて
余計な労力やストレスがなくなるので
精神的に楽になるはずです。

ポイントとしては、優先順位を決めて
最優先事項と関係ない部分をどんどんシンプルに
置き換えると良いです。

投稿者プロフィール

murakou
僕はバックパッカー、ネットビジネス、Webライティング、コンテンツ販売、メンタルコンサルティングを主にやっています。

これだけやっていると、超アクティブで才能のある奴だと思われがちですが、もともとはコミュ障で自信もなく、面接にも落ちまくるようなコンプレックスの塊でした。ましてや頭も悪く、毎日10時間の勉強時間にかかわらず、Fラン大学にしか受かりませんでした。ゆえにうつ状態になり、人間関係もこじらせ生きる意味を見出せなくなり苦しみました。
しかしそんな僕でも「失敗しても、死ぬことはない」と吹っ切れ、今までやったことの無いモノにチャレンジしまくった結果、自信がつき充実した生活、仲間を得て楽しく生きれる様になりました。

このブログではそんな僕の日々の学びや、世界を旅して得た知見をシェアします。人生に刺激を求める人、自分に自信をつけたいけど何すればいいかわからない人、海外に興味ある人は是非、読み物として面白いと思うのでどんどん好きな記事から呼んでくれれば幸いです。コメントなどくれれば喜んで返信します。

スポンサーリンク



ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

僕はバックパッカー、ネットビジネス、Webライティング、コンテンツ販売、メンタルコンサルティングを主にやっています。 これだけやっていると、超アクティブで才能のある奴だと思われがちですが、もともとはコミュ障で自信もなく、面接にも落ちまくるようなコンプレックスの塊でした。ましてや頭も悪く、毎日10時間の勉強時間にかかわらず、Fラン大学にしか受かりませんでした。ゆえにうつ状態になり、人間関係もこじらせ生きる意味を見出せなくなり苦しみました。 しかしそんな僕でも「失敗しても、死ぬことはない」と吹っ切れ、今までやったことの無いモノにチャレンジしまくった結果、自信がつき充実した生活、仲間を得て楽しく生きれる様になりました。 このブログではそんな僕の日々の学びや、世界を旅して得た知見をシェアします。人生に刺激を求める人、自分に自信をつけたいけど何すればいいかわからない人、海外に興味ある人は是非、読み物として面白いと思うのでどんどん好きな記事から呼んでくれれば幸いです。コメントなどくれれば喜んで返信します。