語学をマスターするために欠かせないこととは?

スポンサーリンク



 
今回は僕の体験談から、
語学をマスターするために
欠かせないことを教えます。
 
語学を勉強してるけど、
3日坊主で途中で挫折する人が、
 
勉強を毎日続け、
外国人と楽しくコミュニケーションを
とれるくらいの実力を
身につける方法がわかります。
 
 

僕(ムラコウ)の語学力

僕はTOEICやIELTSといった
英語の資格は持っていません。

しかし、
外国人との交流経験においては
・タイ・カンボジア15日間の旅
・東南アジア6各国周遊
・チェンマイ(タイ)留学

これらを通じて
200人以上は英語を通じて
コミュニケーションを取ってきました!
 
なので、英語を通じて
コミュニケーションは何とか取れます!
 
しかし、
まだまだおぼつかない部分もあるので
勉強中です(汗)
 
タイ語は、意思表示レベルです。
 
行きたい場所やメニューのオーダー
値切り交渉、自己紹介程度はできます。
 

留学経験から学んだ、語学をマスターする秘訣

特に大学2年時に参加した
半年間のチェンマイ留学では、
 
最初は中学レベルの
英語力から始まり苦労しました。
 
自分の言いたいことが言えない、
伝えたい想いが
全く伝えられないもどかしさで
外国人と話すのに恐怖を覚えたほどです。
 
「伝わらなかったらどうしよう…。」
と心配になり、話すことすら
億劫になるという…。
 
半分鬱になりました。
 
チェンマイに来て3日目で早くも
「なんで留学なんかしちゃったんだろう」
と後悔しました。
 
語学をマスターする以前の問題です。
人と話すことすら恐怖だったんです。
 
 
しかし、そんな僕でも、
留学最後の代表者スピーチで、
カンペを1回も見ずに
約5分間の英語スピーチを成功させました!
 
留学先の大学の先生や友人からは
「英語のレベルどうした!?
あんな喋れたっけ?」
 
と驚かれるくらい流暢に話せました。
あれはかなり嬉しかった(涙)
 
また、英会話を通じて
外国人の友人がたくさんできました。
 
 
留学や海外一人旅で
東南アジア諸国やアメリカ、ドイツ
アルジェリア、イングランド
スペインといった、
様々な国の友人ができました!
 
 
一緒に観光地を巡ったり、
バーで飲んだり、食事に行ったり
モールで服を買いに行ったり
カフェで勉強したり
 
バイクに乗っけてもらって
夜の街を走りまくったりと。
 
「もういいよ!(嬉)」
と思うくらい遊びまくりました。
 
 
こんなに外国人の友人ができて、
たくさん遊んで思い出を作れたのも、
語学をマスターするために欠かせない
「あること」のおかげです。
 
「あること」がなかったら、
「語学を死ぬほど勉強して、
マスターしてやる!」
とは思えませんでしたからね。
 
じゃあ、その「あること」って
一体何か?
 
結論を言うと、それは
モチベーション」です!
 

語学をマスターするには、モチベーションが欠かせない話

ここで言うモチベーションは
簡単に言うと
 
「何としても
この語学をマスターしてやる!」
と言うポジティブな感情です。
 
例えば僕の場合は、
大学1年時に初めて行った海外一人旅で
安宿の共同部屋に泊まった時に
モチベーションが生まれました。
 
当時の僕は、
全く英語が話せませんでした。
 
なので他の海外から来た旅人と、
会話が全くできなかったんです。
 
 
僕が泊まった共同の安宿は、
1部屋6人ほどでした。
 
 
安宿内では、旅人同士、
お互いの旅の経験談や
自国の文化の話で
ワイワイ盛り上がっています。
 
 
しかしそんな中、
僕だけ英語が話せなかったので、
一人ぼっちになってしまったんです。
 
 
他の五人はすぐに英語で打ち解けて、
一緒に観光地に行ったり、
食事に出かけてしまいました。
 
 
一方の僕は、
単独行動で一人寂しく寺を見たり、
ローカルの屋台で食事しました。
 
超絶悔しかったです。
今思い出してもくやしー(棒読み)
 
 
 
その時思ったんです。
 
 
 
 
「もっと英語がペラペラになって、
自分の旅の話をしたり、
相手の話もしっかり理解できれば、
かなり旅も楽しくなるんだろーなー」と。
 
 
これが僕の語学に対するモチベーションです。
 
 
 
 
「もっと外国人と会話して仲良くなって、
旅を何十倍も楽しみたい!」
 
 
それから僕は、
英語に関する動画をYouTubeで
1日6時間は見まくって
壁にむかて一人で真似したり
 
大学受験で使ってた参考書を
音読しまくりました。
 
こんなアホみたいにのめり込めたのも
「どうしても語学をマスターしたい!」
って思えるような
モチベーションがあったからです。
 
 
それまでは語学(特に英語)と言うと
勉強させられてる感が半端なく
受け身だったんですが、
 
 
モチベーションが生まれてからは
「もっと追求したいい!」と
自分から能動的に
勉強するようになりました。
 
 
「人間、モチベと言うある意味
『必要性』を感じると、
今までと別人になったみたいに
行動するんだな」
 
って思いましたね。
 
 

モチベーションがあれば、三日坊主はあり得ない

三日坊主とかあり得ないです。
 
だって、
自分がやりたくて
やっているものだから。
 
もはや、勉強というよりは
趣味の領域でした。
 
 
例えば、好きなプロサッカーチームや
野球チームの選手について
詳しくなったり、
 
アイドルや漫画、YouTuberに
夢中になったりするでしょ?
 
 
その時に、三日坊主とか
なりませんよね?
それと同じです。
 
 

理想の未来をイメージしよう

モチベーションの作り方としては
僕の場合は今振り返ると
自ら海外一人旅をした経験から生じた
「悔しさ」です。
 
ですので、
行動して、悔しい経験をする
というのがモチベを作る
きっかけの1つになります。
 
 
ですが、もっと手っ取り早いのは
「理想の未来をイメージすること」
 
 
別にキャリアで役に立つとか、
世界を舞台に活躍したいとか、
立派なものじゃなくてもOKです。
 
 
ゲスいもので全然OKですね。
 
例えば、
「ウクライナ人の
金髪白人美女を口説きたい」
 
「あの映画俳優のように
流暢な英語を話し、
周りからチヤホヤされたい」
とか。
 
結果的に言語をマスターできれば、
きっかけとなるモチベは何でもいいんです。
 
 
あとは趣味関係で、
「好きなアーティストの歌詞を
聞き取れるようになりたい」
とかもありですよね。
 
 
何れにせよ一番大事なのは、
 
「自分の感情がワクワクしたり、
熱くなるような
モチベーションを持つこと!」
です。
 
 
ちなみに僕のタイ語を学ぶモチベは
「タイ人の可愛い女の子と
デートでしたい!」
というものでした。
 
ゲスいけど、
想像したらワクワクしたので、
 
チェンマイ留学では必死に授業受けて
教科書を音読して、
 
タイ人の友人に
マンツーマンレッスンを頼んで
(日本語を代わりに教える条件で)
 
がむしゃらに学びました。
 
 
そしたら、
留学3ヶ月半後くらいに、
タイ人の1個年上の女の子と
本当にデートできたから驚きです。
 
チェンマイの「MAYA(メーヤー)」
というモールの屋上で
夜景を見ながら話したり
 
韓国系の焼肉屋で食事したり
夜の風が気落ちい時間に
バイクでドライブしました。
 
こんな経験ができたのも、
語学に対するモチベーションを持ちつつ
勉強と実践を積み重ねること
できたおかげです。
 
 
もしあなたが、
語学をマスターしたいけど
続けられないのなら、
 
「モチベーション」の設定から
始めて見てください。
 
 
紙とペンを用意して、
自分が好きなことやってみたいことを
1つ1つ書き出しつつ
 
語学学習と結びつけて
考えていくのがオススメです。

投稿者プロフィール

murakou
僕はバックパッカー、ネットビジネス、Webライティング、コンテンツ販売、メンタルコンサルティングを主にやっています。

これだけやっていると、超アクティブで才能のある奴だと思われがちですが、もともとはコミュ障で自信もなく、面接にも落ちまくるようなコンプレックスの塊でした。ましてや頭も悪く、毎日10時間の勉強時間にかかわらず、Fラン大学にしか受かりませんでした。ゆえにうつ状態になり、人間関係もこじらせ生きる意味を見出せなくなり苦しみました。
しかしそんな僕でも「失敗しても、死ぬことはない」と吹っ切れ、今までやったことの無いモノにチャレンジしまくった結果、自信がつき充実した生活、仲間を得て楽しく生きれる様になりました。

このブログではそんな僕の日々の学びや、世界を旅して得た知見をシェアします。人生に刺激を求める人、自分に自信をつけたいけど何すればいいかわからない人、海外に興味ある人は是非、読み物として面白いと思うのでどんどん好きな記事から呼んでくれれば幸いです。コメントなどくれれば喜んで返信します。

スポンサーリンク



ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

僕はバックパッカー、ネットビジネス、Webライティング、コンテンツ販売、メンタルコンサルティングを主にやっています。 これだけやっていると、超アクティブで才能のある奴だと思われがちですが、もともとはコミュ障で自信もなく、面接にも落ちまくるようなコンプレックスの塊でした。ましてや頭も悪く、毎日10時間の勉強時間にかかわらず、Fラン大学にしか受かりませんでした。ゆえにうつ状態になり、人間関係もこじらせ生きる意味を見出せなくなり苦しみました。 しかしそんな僕でも「失敗しても、死ぬことはない」と吹っ切れ、今までやったことの無いモノにチャレンジしまくった結果、自信がつき充実した生活、仲間を得て楽しく生きれる様になりました。 このブログではそんな僕の日々の学びや、世界を旅して得た知見をシェアします。人生に刺激を求める人、自分に自信をつけたいけど何すればいいかわからない人、海外に興味ある人は是非、読み物として面白いと思うのでどんどん好きな記事から呼んでくれれば幸いです。コメントなどくれれば喜んで返信します。