取り柄がないことがむしろ取り柄

スポンサーリンク





僕にはこれといった取り柄が全くないです。

 

  1. 見た目からしてド平凡。
  2. イケメンでもなければスタイルも良くない。
  3. 面白いことが言えるかというと言えない
  4. スポーツ万能でもない、

マジで何もないです。

 

だからこそ、

「何か周りがあまりやってない事をしたい、行動しなきゃ!!」

って思い始めました。

 

それで海外に飛び込んだり、陸路で国境を越えまくったり、こうしてブログ書いてみたりしてます。

東南アジア周遊の持ち物紹介!

タイ留学ってどうなん?経験者が実態を語る!!

そういう風にガンガン行動していかないと、ずっと平凡かそれ以下の人間で人生を終えていくなーと、危機感を感じたからです。

 

ちなみに僕は平凡な人生が悪いと言ってる訳じゃなく、

自分自身それだとつまらないなーと思ったからなので、誤解しないでください^^

 

自分から動き出そう

とにかく、自分に付加価値をつけるには自分から行動していくしかないんですよね、結局。

年齢を重ねるだけでは何も得られないし、成長しません。

 

年齢をかさね、さらにたくさん経験値を積むから成長するんです。

 

皆と同じこと、言われたことだけやるって言うのは確かに安心だし楽だけど

それだとずっと取り柄のないつまらない人間から脱却できません。

そしてつまらない。

 

行動すると経験値がたまるし、

同時に話のネタがどんどん増えていくのでその分人間的に魅力的になってきます。

 

行動すると、コミュニケーション能力も上がる

 

人と話す機会も増えました。

行動しなきゃ絶対話す機会がなかっただろうというような大学の教授や医者、経営者の人など、たくさんの人と会えます。

 

この様に、行動しまくることでいろいろなチャンスが巡ってきます。

無意識に実践してた!行動力をつける超カンタンな方法

また、僕の場合は主に東南アジアを周遊してることで、

 

「海外旅行が好きな人だ」

 

的なイメージが定着します。

これが会話のネタになって人と接しやすくなるし、コミュニケーションをたくさんとっていくうちに自信にもなります。

 

コンプレックスの塊が原動力だ

 

この様に、僕が行動しまくろうマインドになったのは、もともと自分には取り柄がないというコンプレックスを感じていたから。

 

つまり言い換えると、

今となっては取り柄がない事がむしろ取り柄だと凄い感じてます。

取り柄がない事がむしろ取り柄

 

モデルのようにスタイルがいい、プロアスリートのように運動神経抜群ではないので、

なんの型にもはまらずに色々やってみようと余計感じます。

 

これからも海外を沢山レポートしますし、ヒッチハイクや自転車の旅、さらにはビジネス事業の立ち上げもしようと思ってます。

東京から大阪までヒッチハイクしてみた!!

ヒッチハイクでっ実践して学んだ!コミュニケーションの手法!!

このブログも見てくれてる人はごく少数ですが、折れずに継続して運営していくので応援よろしくお願いします!!

以上。

 

 






スポンサーリンク



ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です