仕事に疲れたら○○しろ

スポンサーリンク



仕事に疲れたら〇〇しろ

〇〇って何なの??

 

答えは仕事しろ
です。

 

仕事に疲れたら、仕事しろ

は?これじゃ疲れる一方じゃん

って思いますよね。

 

僕は一か月後の東南アジア周遊に向けて
最低週6でバイトをしつつ、

 

この様にブログを毎日更新しています。

特にこのブログに関しては、
毎日更新するわけなので、常にネタが必要です。

 

そして、このネタは普段の日常生活の中で探してます。

 

朝起きるとき、歯を磨く時、バイトするとき、
ご飯食べるとき、YouTube見るとき、友達と遊ぶ時

 

ブログを始めてから
あらゆる局面でネタ探しをするようになりました。

つまり、

仕事とプライベートを分けない。

 

両方同じものとしてとらえます。

 

そうすると、
パソコンの前でずーーっと考え込む時間が無くなり
すぐに1記事を書き終えてしまいます。

 

また、バイト中も
接客中に感じた感情に敏感になって

「なんであのとき、ああいうふうに感じたんだろう」

 

とかを考えるようになって、
その原因をちゃちゃっと本やネットで20分くらいで調べ
10分くらいで記事を書きます。

 

僕はまだいろいろと初心者なので
仕事をガッツリ長時間やってる人に到底勝てません。

 

でも、日常生活を仕事に結び付けたら
それがだんだん当たり前になって、慣れてきます。

 

そして自然に仕事が早くなります。

 

まだまだ質は低いですが、
初心者時代は量が大切で、質もだんだん上がってきます。

 

経験値も得られます。

 

具体的な事例

 

経営コンサルティングで働く人は

外食してるだけで仕事になります。

なんでこの店はお客さんが多いんだろう?

リピーターを増やすためにどんなことをしてるんだろう?

 

こういう視点を持ってるだけで、

得られる情報は圧倒的に多くなって、仕事にも生かせます。

 

もっと言うと、街を歩くだけでも仕事になります。

人気店の看板や広告を見て

 

どんなフレーズが顧客を引き付けるか?

稼いでる店の看板の共通点は何か?

こういうふうに考えることも、仕事に繋がります。

終わりに

 

一見仕事とプライベートの垣根をなくすことは

すごい、きゅうくつに感じると思いがちです。

 

しかし、先述でも言いましたが、

のちに必ず慣れます。

 

そして、だんだん楽しくなってきます。

ワークライフバランスの考えはいらないです。

 

ここではブロガーとコンサルティング会社の例しか述べてませんが、

こういった考え方はあらゆる職業に使えます。

 

身近なところで言えば、

心理学だってそうです。

 

普段のコミュニケーションで

相手の感情を意識するだけで

 

  1. どういう言葉で相手は喜ぶか
  2. 人の感情が動くのはどんな時か

 

とか意識するだけで、

コミュニケーション能力が上がって、人間関係も良くなる。

 

そしてそれが、仕事にもいい影響を与えます。

 

結局、日常生活でも仕事でも

人とのかかわり無しでは成り立たないからです。

 

パソコンだけの仕事に関しても

間接的には画面の向こうに顧客がいるので

人とかかわっていることになります。

 

 

普段から仕事に関する情報に敏感になるだけで

今の生活より楽しくなりますよ。

関連記事です。

成功する人は型に従っている

ハーバード流 交渉術の本質をまとめてみた

当ブログはこのランキングに参加しています。

是非、ポチっとお願いします☆


放浪記ランキング


スポンサーリンク



ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です