【おススメ】一番好きなタイ料理!! パッタイ最強

スポンサーリンク



今回はタイ料理編です。

僕がタイのチェンマイで留学していた時に一番食べていた
タイ料理で一番好きといっても過言ではない

タイ版の焼きそばがあります。
それがこれ!

パッタイです!

タイ料理といえば
トムヤムクンやガパオなどの
辛いモノや香辛料を使ったイメージ

またはパクチーを使った独特な味だと思う人が多いです。

なのでもしかしたら
好きな人はめちゃくちゃ好きだけど、
無理な人は無理!みたいな

好き嫌いがはっきりするかもしれません。

僕はどちらかというと、辛いのが得意ではありません。
なのでタイの屋台では辛くしないようにお店の人に言っていました。

しかし、パッタイは他のタイ料理とは違い、
一切辛くありません。

もちろんお店や作る人にもよりますが
一般的には辛くないです。

どちらかというと、ほんのり甘い
って言った方が近いかな~。

パクチー苦手、香辛料苦手、辛いの苦手
そんな人でも全く問題なく食べられます。

個人的には、タイ料理の中でも日本人の好みに合うし、
万人受けする部類の料理だと思います。

日本の焼きそばとの違いは、
まずソースが違います。

パッタイは日本の焼きそばほど味が強くなくて
けっこうあっさりしています。

麺も違います。
パッタイは細めのきし麺の場合もあるし、細麺の場合もあります。

それに関してはお店や作る人の個性に委ねられます。

そして、パッタイにはナッツの砕いたものがかかっていて、
これがおいしさを一層引き出してくれて、優しい味わいになります。

具材は様々ですが、海老や豚肉、鶏肉が一般的です。

パッタイはタイ料理に苦手意識がある人でも
おいしいと思える料理なので
タイ料理を食べる機会があったら是非、トライしてみてください☆

最近は日本にもタイ料理屋さんが増えてきてますね^^

投稿者プロフィール

murakou
僕はバックパッカー、ネットビジネス、Webライティング、コンテンツ販売、メンタルコンサルティングを主にやっています。

これだけやっていると、超アクティブで才能のある奴だと思われがちですが、もともとはコミュ障で自信もなく、面接にも落ちまくるようなコンプレックスの塊でした。ましてや頭も悪く、毎日10時間の勉強時間にかかわらず、Fラン大学にしか受かりませんでした。ゆえにうつ状態になり、人間関係もこじらせ生きる意味を見出せなくなり苦しみました。
しかしそんな僕でも「失敗しても、死ぬことはない」と吹っ切れ、今までやったことの無いモノにチャレンジしまくった結果、自信がつき充実した生活、仲間を得て楽しく生きれる様になりました。

このブログではそんな僕の日々の学びや、世界を旅して得た知見をシェアします。人生に刺激を求める人、自分に自信をつけたいけど何すればいいかわからない人、海外に興味ある人は是非、読み物として面白いと思うのでどんどん好きな記事から呼んでくれれば幸いです。コメントなどくれれば喜んで返信します。

スポンサーリンク



ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

僕はバックパッカー、ネットビジネス、Webライティング、コンテンツ販売、メンタルコンサルティングを主にやっています。 これだけやっていると、超アクティブで才能のある奴だと思われがちですが、もともとはコミュ障で自信もなく、面接にも落ちまくるようなコンプレックスの塊でした。ましてや頭も悪く、毎日10時間の勉強時間にかかわらず、Fラン大学にしか受かりませんでした。ゆえにうつ状態になり、人間関係もこじらせ生きる意味を見出せなくなり苦しみました。 しかしそんな僕でも「失敗しても、死ぬことはない」と吹っ切れ、今までやったことの無いモノにチャレンジしまくった結果、自信がつき充実した生活、仲間を得て楽しく生きれる様になりました。 このブログではそんな僕の日々の学びや、世界を旅して得た知見をシェアします。人生に刺激を求める人、自分に自信をつけたいけど何すればいいかわからない人、海外に興味ある人は是非、読み物として面白いと思うのでどんどん好きな記事から呼んでくれれば幸いです。コメントなどくれれば喜んで返信します。