【注意喚起】海外で現地通貨に両替した時のトラブル

スポンサーリンク



場所:ラオス ルアンパバーン

時刻:17時頃

はじめに

 

うわーーーーー、やられたーー!!

こんにちは、ムラコウです。

今回は実際に僕が経験した、両替所でのトラブルです。

 

ラオスで旅行中、現地通貨のラオスキップがなくなってきたことに気づき、

あと3日程滞在する予定もあったので1万円を両替することに。

いざ、両替商へ

 

そこで数ある両替商のうち、一番レートのよい

1円→76ラオスキップ

 

つまり1万円なら、76万ラオスキップに両替できるわけです。

 

そこで両替することに。

 

ご察しの通り、ラオスの通貨単位は物凄い桁数です。

頭がこんがらがりそうなくらいの額になります。

 

そのため、1万円両替するとなると大量の札束になります。

 

これが手渡されたとき、分厚い札束が7枚と2万キップが3枚、

これで76万キップだと思ってしまいました。

 

しかし、後々確認したところ

合計で41万キップ。日本円で約5300円しか手元にありませんでした。

10万キップの札束×7だと思っていたのが、5万キップ×7だったのです。

 

「やっちまった...w」

思わず苦笑い。ここまで特に何もトラブルもなく、

ラオスという穏やかな雰囲気で完全に平和ボケを極めてました。

 

また、お金の量が多すぎて、確認するのが正直面倒でした。

そのため僕はその場で確認せず、さっとその場を去ってしまいました。

 

両替商の女性も愛想が良かったし、完全に油断してしまいましたねw

 

約4000円を損したわけです。

ラオスで4000円あればバゲットサンドが20個も食べれます。

ゲストハウスに4,5泊くらいできます。

ビアラオ(ラオスのビール)が35缶くらい飲めます。

 

けっこういい値段です。

この経験を忘れずに教訓として、授業料と受け止めたいと思います。w

 

「4000円は授業料4000円は授業料4000円は授業料」

そう言い聞かせないと、この先の旅なんかやってらんねーよwww

 

ってことで、今回の失敗を教訓にして改善したいと思います。

 

対策

 

  1. 両替後、いくらになるかを確認する
  2. 受け取った金額があっているかをその場で必ず確認

 

追記

これからも色んな国を旅する予定ですが、

同じ失敗は2度と繰り返したくないものです。

 

こういう失敗を改善していくとともに成長していって

少しずつでも上手に楽しく旅ができるようになれればと思います。

 

それと同時に、この様な経験を皆さんにはしてほしくないので

是非、今回の僕の失敗を参考にして、楽しい旅行にしてもらえればと思います。

 

ラオスの関連記事です。

【ラオス】メコン川を1泊2日の船旅 スローボートで古都ルアンパバーンへGO!!

東南アジア6ヵ国周遊してきた俺がラオスの魅力を語る

 

 


スポンサーリンク



ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です