【ベトナム】ベトナムのバスはまさに苦行だと感じた3つの理由

スポンサーリンク



東南アジアのタイ、ラオス、ベトナム、

カンボジア、マレーシア、シンガポールを

全てバスで行ってやるぜー!!

 

的な軽いノリで旅をしてきたわけですが

その中でもベトナムのバスは特にきつかったw

 

何がきついって、乗車時間が20時間以上ってのもあって

身体的な疲労もあるんですが、

精神的にも中々きついってのが一番の印象でした!

 

僕の経験に基づいて

主に苦行と感じた3つの要素を紹介します。

あくまでも僕の個人的な見解ですよw

 

なんか、バスの運転手が冷たいし、いかつい

 

バス停についてどのバスに乗ればいいかなーって思い、訪ねてみると

「あん?それならこのバスだよ。早く乗れよ」

的な感じですw

ベトナム語は全く知らんので

翻訳はわかりませんが雰囲気的にこんな感じです。

 

大きな荷物を荷台に付けてもらう際も

降りる場所によって荷物を仕分けてバスに付けるんですが

「どこに行くの?」

僕「サイゴン(ホーチミン)」

「あ!?サイゴン??

 

みたいな、なんか切れ気味で

愛想めちゃくちゃ悪いです。

 

正直むかつきましたが、

もう一生会うことない人だと思うので我慢しましたwww

 

なんか、すぐクラクション鳴らす

まあこれはベトナムの文化みたいなものなので

文句を言うべきではないですね。

 

僕は当たり前ですが他国にお邪魔してる側なので

その国の文化は尊重すべきです。

 

ベトナムは東南アジアの中でも

交通量が多い!めちゃくちゃ多い!

特にバイクがうじゃうじゃ走ってますね。

 

なので衝突する可能性が高い!

ってことで、ドライバーは

「俺はここにいるぜーーー、v( ̄Д ̄)v イエイ」

的なノリでアピールしながら運転します。

 

その際にクラクションを使いまくるわけです。

ちょっとした角を曲がる際や

前に別のバイクがいて横を通過するときとか。

 

頻繁にならしまくるから、単純にうるさいんですよねwww

しかも夜行バスだから余計に厄介というか。

 

また、当たり前だけど

不定期にならすから余計気になるし

寝不足になったw

 

トイレ休憩短っ!?

 

これはドライバーのさじ加減というか

その人次第なので一概にこうだ!とは言えませんが

少なくとも僕の経験した中での話です。

 

トイレ休憩といっても普通の道端に停車して

近くの草むらに用を足すっていう感じです。

 

たまにちゃんとトイレがある

休憩所に停車もするけど

だいたい草むらでしたw

 

もちろん男女の区分などないので

女性の方は大変そうでしたね。

 

ある日、夜行バスに乗って

ようやく熟睡し始めたと思ったら

 

ドライバーが

「トイレ!トイレ!」

って叫び始めて

行きたい奴はチャチャっといって来い的なノリでした。

 

僕は一応言っておこうかなと思って

外に出て用を足しに行こうと思ったら

「ブーブー(クラクションの音)。早く戻ってこい!」

催促されました。

 

まさに秒速www

「これ、お腹壊した時とかどうすんだろ」

って思いましたし

長距離移動前の体調管理は

絶対に気を付けたいと強く感じました。

 

終わりに

この様に

ベトナムのバスは他国のバスより

しんどいという印象

個人的に感じました。

 

まさに苦行でした。

 

当時はほんとにきつかったし

バス移動の旅に後悔しました。

 

も今となっては笑い話だし

いい話のネタができたなと思ってますw

 

極力二度と乗りたくはないですが

経験としてはほんとに良かったです^^

 

関連記事です。

【ベトナム】バイクタクシーでぼったくられた話

僕が実際に経験したぼったくりの手法!ザっと紹介してみた!!


スポンサーリンク



ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です