【ベトナム】バイクタクシーにぼったくりされた話

スポンサーリンク



はい、ベトナムにやってきました。

ここベトナムはめちゃくちゃバイクの交通量が多いです。

 

日本と比較にならないくらい、バイクが道路を埋め尽くしてて密集してます。

 

その中には、 バイクタクシーという類のものもあります。

 

名前の通り、バイクのタクシーです。

利用者は主に外国人観光客ですね。

 

僕はベトナム南部の大都市、ホーチミンでバイクタクシーに乗りました。

というより、乗る羽目になりました。

 

外国人観光客を見かけると彼らはことごとく営業を吹っかけてきます。

日本人だと分かれば、片言の日本語を話してきます。

「おはよう!」「こんにちは!」「安いよ!」

とか、そんな感じです。中にはめちゃくちゃ日本語話せるおっちゃんとかいます。

 

正直、怪しすぎて怖いですwww

 

ンで、僕はめちゃくちゃ急ぎ足の旅をしてるので

町の見どころをパパっと見てしまいたいんですよね。

 

やっぱいくら急ぎ足で時間がないといっても、

主要スポットを見ておかないと悔いが残るわけです。

 

至ってシンプルな理由です。

バイクタクシーはよく、ぼったくりの被害があると聞きますが

ある程度覚悟して利用しようと思いました。

 

ホーチミンなんか歩いてると、しつこいくらいにバイタクのおっちゃんが営業してきます。

「ヘイ!バイタク!!」

みたいな感じです。

 

そして、とりあえず色々雑談も交えながら、値段交渉をしていきます。

 

行きたい場所を言って、何時間でいくらかと聞いたところ

 

「時間はキミシダイ、何時間でもええで!」

 

僕「それでも値段一緒なん?」

 

「一緒やで、はよ行こうや!」

 

的なノリで、何度も確認した上で出発しました。

サイゴン大教会

カトリックの教会。周りは写真を撮る観光客がたくさんいました。

ホーチミンのシンボル的な場所です。

 

中央郵便局

「郵便局でかすぎやろっ!?」

って感じですね。これもけっこう観光客が多めな感じです。

中にはお土産屋さんもあって、郵便局以外の機能も兼ね備えていてなかなか面白いです。

 

他にはベトナム戦争証跡博物館チョロン地区(チャイナタウン)にも行きました。

 

特に博物館はけっこう興味深かったんで長めにいました。

1時間半くらいですかね。

 

ただ、時間は値段に換算されないと言ってたので気にしてませんでした。

 

そして3時間後、一通り観光した!

「お金払おう、楽しかったありがとう」

ってなった途端に、バイタクのおっちゃんが

 

最初の言い値の、4倍の値段を吹っかけてきましたwww

 

「でたwwwwwwwww」

思わず笑った。めっちゃ面白いなこいつ。

 

でも、彼はガチ。さっきまでフレンドリーだったのに、

カネの話になると急に表情が一変する。

 

ちなみにこれは、東南アジアではあるあるですね、僕の経験上。

 

結局色々話し合って、言い値の3倍の値段を払いました。

正直、カネがどーこーって話が超絶面倒になった。

 

カネを払ったら、

「ディスカウントしてやったんだから感謝しろよ!」

的な捨て台詞をはいて、ブーンと行ってしまいました。

 

ふぁ~ってなりました。魂抜けたみたいなwww

これ何が嫌かって、嘘をつかれたのがショックなんですよね。

 

お金のことは正直どーでもいいというか、精神的なダメージの方が大きいわけです。

それだけ日本が安全な国なんでしょうね。

 

今回は訳ありでバイタクを利用せざるを得なかったですが、

できるだけ今後は利用したくないですかね、正直www

 

ただ、誤解がないように言っときますけど、

皆がみんなではないです。

 

めちゃくちゃいいバイタクのおっちゃんも今までたくさん会ってきました。

道聞いたら親切に教えてくれたり、雑談に付き合ってくれたり。

 

良い人めっちゃいますよ、実際。

 

でも今回の様な経験をすると、

どうしても悪いイメージの方が強くなってしまいますね。

 

僕的にはぼったくりせずに、めっちゃホスピタリティで気持ちいい体験を提供した方が

リピーターもついて、利用客がどんどん増えていくと思うんですよねー。

 

実際バイタクのおっちゃんたち超絶暇そうでしたもん。

観光客は営業掛けられてもほぼ相手にしてない感じでしたねww

 

まあでも

そんなバイタクのおっちゃん達の必死さ

人間臭さを感じられる

これはある意味東南アジアならでわなのかもしれないです。

 

関連記事です。

カンボジアで僕が実際に経験したぼったくりの手法!ザっと紹介してみた

ベトナムのバスが苦行だと感じた理由

 


スポンサーリンク



ブログランキング

2 件のコメント

  • こんにちは!楽しんで読ませてもらっております!

    ぼったの話で、面倒くさいので、ぼった料金を払う。
    その気分ものすごくわかります。

    でも後で行く日本人が、連中のターゲットになるから、本当は払わないほうがいいです。
    払う人が多いから、ことさらに日本人を狙うようになります。
    毅然と「XXドンといっただろう!」と言えばあきらめます。

    ホーチミンで、ベンタン市場付近にいたシクロのガイドがずーっとガイドするってついてきて、私がお店に入ってまこうとしても、15分以上でも店の外で待っていて、店から出るとまたずーっとつけてきました。かれこれ、4-50分ぐらい付け回されて、やっといなくなりました。

    そのおっちゃんは、ノートをもってって、そこには日本語で「XXさんはすごいいい人です! 私も彼にホーチミンを案内してもらいました! すごく信用できる人です。彼にガイドしてもらって本当に良かったです!!」 とか書いてあるんですよ。
    その人達が乗った時はいい人だったんだろう。今は絶対違うだろってw
    ちなみに長年いっつもそのノートを持ち歩いてるらしく、もうボロボロでしたw

    こういうやつが、後で5倍とか吹っかけてくるんでしょうね。一人捕まえれば相当稼げるから、4-50分以上もしつこく追いかけてくるのでしょう。 

    ぼったくりや、こういうしつこい外人には毅然としなきゃ絶対ダメですね。私は同意した値段以外は絶対に払わないようにしています。
    新着楽しみにしています。旅先ではお気を付けて。

    • そうですね、これから渡航する日本人の方々のことも考えると払わないことが一番ですね。
      僕もノートを持ったシクロのガイドを何人も見ました。
      あれは騙される人は多そうですね、その辺もこのブログで注意喚起していければと思います。
      確かに、年期ありましたね笑

      最近は旅に行ける機会が少ないですが、3月にまたどこか行こうと思っているので、
      もっと有意義な記事を書いていきます。これからもよろしくお願いします!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です