【バックパッカー】東南アジア6ヵ国の交通費まとめ!

スポンサーリンク



サワディークラップ!ムラコウです。

なんでタイ語やねん!っていう突っ込みは置いといて、旅の費用まとめシリーズ第一弾!

今回は僕が一か月間、タイ、ラオス、ベトナム、カンボジア、マレーシア、シンガポールを旅した際の交通費を紹介していきます。

まあ、結果から言うとズバリ...

たったの2.8万円でした!!

 

東南アジア6ヵ国の旅のルートと費用

 

今回は1か月間で6ヵ国という、めちゃくちゃ欲張りな旅程でした。

「とにかく、色んな国を見てみたい」って思いが強すぎましたw

移動手段は全てバス!

陸路で6ヵ国周ったことになります。何故??

「ローカルな暮らしを見れるから!」

バスなので勿論、観光地じゃない地域も通ります。つまりローカル!ありのままの現地の生活を垣間見れるのはある意味貴重で楽しいですよー。

お金を節約できるというのも理由の一つです!

♦東南アジアの大まかなルートは

タイ→ラオス→ベトナム→カンボジア→マレーシア→シンガポールです。

かかった費用は東南アジア圏内で約2.8万円でした。(都市内の移動費は除外してます)

全てバス移動ですが、ラオスのフエサイ(タイ国境付近)からルアンパバーンの道のりはボートでした。

フエサイから古都ルアンパバーンまで、1泊2日のスローボートの旅!

No. From To 費用(円換算)
1 バンコク スコータイ 1061
2 スコータイ チェンマイ 667
3 チェンマイ チェンコーン 691
4 チェンコーン ルアンパバーン 4707
5 ルアンパバーン バンビエン 1221
6 バンビエン ダナン 3472
7 ダナン ホイアン 140
8 ホイアン ホーチミン 1876
9 ホーチミン プノンペン 933
10 プノンペン ロン・サムレム島 3100
11 シハヌークビル バンコク 2780
12 バンコク ハジャイ 3081
13 ハジャイ クアラルンプール 2362
14 クアラルンプール シンガポール 1630
合計 27,721

 

東南アジアは物価が安くて、他国へ3000円以下で移動できるのはありがたいですね。

まあでも流石にバス移動は体力が必要というか、しんどい時もありましたw

⇒ベトナムのバスはまさに苦行だったと感じた理由を説明する

バスチケットは簡単にとれる

海外で国際バスチケット、または長距離バスチケットの取得と聞くと

「えー、なんか面倒じゃね?てかどーやってやんの?知らねーよーお前やれよー」

ってなりそうですが、東南アジアに関してはめちゃくちゃ簡単です!

東南アジアには多くの旅行代理店があります。またはゲストハウス(安宿)にも代理店を兼ねてるところも多くあるので、そこのカウンターで行きたい場所と発着時間を聞いて、お金を払って終わりです。

「バスターミナルまではどーやって行くの?」

という疑問が生じるかもしれませんが、たいていはチケットを購入した代理店やゲストハウスまでトゥクトゥクがピックアップで迎えに来てくれます!

深夜12時にバンコクに着いてしまった

陸路での移動は飛行機のように正確な時間で予定通り目的地に着くことはほぼ無いです。

一例を挙げると、シハヌークビルからバンコクへは夜9時着の予定が、12時になってしまいました。

道路の混雑状況や、バスのエンジン故障などのトラブルも東南アジアではざらにあるので、

どうしても予定通りに行動したい完璧主義な人は空路をおススメします!

深夜12時にバンコクに着いた僕は宿の心配がありましたが、その時降り立った場所がカオサン通りというバックパッカーの聖地

深夜までクラブやバーでウェイウェイやってる外国人たちでにぎわってる場所だったので、治安の心配はありませんでした。

そしてゲストハウスも密集しており、難なく250バーツ(約800円)の部屋を確保!

「シャワー浴びて寝る...外はクラブでズンチキパーチキうるさい...。」

もしゲストハウスがないような地域だったら野宿でした。一回くらいやってみたいけどねw

最後に

東南アジアは国が密集してるので日本では経験できない、陸路での国境越えが簡単にできます!

しかも安く海外へサッと行けてしまうのも魅力ですね。

東南アジアと一言で言ってもそれぞれの国が独特の文化を持っていて、国境を超えるたびに違った生活様式や街並みを体感するのはめちゃくちゃ楽しいし、世界広がりますよ!

個人的には次回は1国をじっくり周りたいなと思いますけどねw

是非今回の僕の交通費の記録を参考に、旅行楽しんじゃってくださいね!

 


スポンサーリンク



ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です