【バックパッカー】東南アジア6ヵ国周遊旅の宿泊費まとめ!1ヵ月間で〇万円

スポンサーリンク



どーもー、ムラコウです。

旅の費用シリーズ第2弾!東南アジア周遊の宿泊費まとめです!     

旅の費用シリーズ第1弾!東南アジア周遊の交通費まとめ!

大学の2年間VSバックパッカーの1か月!

東南アジア6カ国(タイ、ラオス、ベトナム、カンボジア、マレーシア、シンガポール)を一ヵ月間くらい陸路のみのルートで旅してきました。

旅のルートを地図上で結んでみました。これ全部バス移動です。達成感パないですわ(笑)

 

その時の全宿泊費。

ズバリ、1,9万円でした!!

東南アジア周遊の宿泊費概要

 

合計金額からも分かる通り、一か月間の宿泊費の割にはかなり安い!

2万円以下で一ヵ月間過ごせる物価の安さは東南アジアの魅力の一つでもあります。

 

なお、僕が今回の旅で宿泊したゲストハウスの1泊あたりの平均は925円でした。

日本では考えられない破格の値段ですね。

No. 国・都市 1泊料金 泊数 小計
1 タイ・スコータイ 1028 1 1028
2 タイ・チェンマイ 685 1 685
3 タイ・チェンコーン 685 2 1370
4 ラオス・パークベン 1713 1 1713
5 ラオス・ルアンパバーン 960 2 1920
6 ラオス・バンビエン 1035 2 2070
7 ベトナム・ホイアン 239 2 478
8 ベトナム・ホーチミン 1604 2 3208
9 カンボジア・プノンペン 534 2 1068
10 カンボジア・ロン島 748 1 748
11 カンボジア・シハヌークビル 1283 1 1283
12 タイ・バンコク 856 1 856
13 タイ・ハジャイ 1028 1 1028
14 マレーシア・クアラルンプール 553 3 1659
           合計 12951 22 19114

最安値は何とたったの239円ですよ!(ベトナム・ホイアン)

このゲストハウスはドミトリー(6人共同部屋)ですが、朝食バイキング付きでコスパ最強でした。

 

ドミトリーが特に安い!

ドミトリーとは共同部屋のことです。

場所によりけりですが、二段ベッドが2,3個設置されている6~8人用が多い印象でした。

 

シャワー、トイレももちろん共同。

なのでそういった理由から通常のシングルルームより格安になってます。

とにかく節約したい!という人にはめちゃくちゃおススメです。

※また、エアコン付きの部屋より扇風機(ファン)のみの部屋の方が安い傾向があります。

【ゲストハウス】タイ・チェンコーンのおススメゲストハウス、パパイヤビレッジ

 

ただ、荷物や貴重品の管理には気を付けましょう。

ドミトリーの宿泊に限った話ではないですが、シングルルームより盗難のリスクが高まります。

設置されてるロッカーや南京錠などを駆使して、防犯のリスクをできるだけ下げる努力は怠らないようにしましょうね!

東南アジア周遊に持って行った荷物紹介!旅のお供15選!!

 

行き当たりばったり。予約なしでも大丈夫!

今回の旅は行き当たりばったりのノープラン旅。

大まかなルートは決めますが、細かく目的地などは決めずに行きたいところにどんどん行くっていうスタイルでした。

 

なので、アプリで宿を予約するという作業は完全に0でした。

「それって大丈夫!宿ちゃんと取れんの?」

答えはズバリ、よゆーで取れます!(よっぽどのハイシーズンじゃない限り)

というのも、東南アジアは世界各地からバックパッカーや旅行客が訪れるため、

安宿(ゲストハウス)が豊富に立ち並んでます!

 

「〇泊したいんだけど、部屋あいてる??」

的な感じで尋ねると、僕の経験上ほぼ100%部屋を確保できました。

もちろん計画的な人はアプリを使って予約した方がスムーズに事が進むし、他人の口コミや評価が見られるので、そういう意味ではアプリを使った方が無難ですね(笑)



交渉次第で値下げできる

僕はお金をけちるために図々しく値下げ交渉しまくりました(笑)

1例を挙げると、表のNo. 13はもともと1300円が1028円。

そんな感じで、多少何百円かは簡単に下がったりします!

 

宿側が値下げしてる主な理由は、

「お客さんがあまりいなくて、部屋を空けるよりだったら少し安くても泊めてしまった方がいいから」

なので日本ではあまりなじみがなく言いにくいかもしれませんが、思い切って言ってみることをお勧めします。

まとめ

今回の記事をザっとまとめますと、

 

  1. 1泊1000円で宿泊可能
  2. 徹底的に節約したい人はドミトリーがおススメ
  3. 予約なしでも大丈夫(よっぽどのハイシーズンじゃない限り)
  4. 値下げ交渉が成功することも

ってゆ~感じですかね。

 

金欠大学生の僕でもたった1か月間で6か国も巡れたのは、間違いなく安宿に泊まりまくったからだと今回のまとめで改めて思います。

次はどこ旅しよーかなー。

終わり


スポンサーリンク



ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です