【効率UP】仕事が遅い人の特徴と対策を教えます

スポンサーリンク



こんにちは、ムラコウです。

今回のテーマは、

仕事が遅い人の特徴です。


仕事が遅い人には

いろんな特徴がありますが、

 

その中でも1番大きいであろう原因を

1つ解説します。

 

僕はネット事業をやってて

SNSやブログ、YuTubeで

情報発信しているのですが、

 

普通の人が

5時間はかかるであろう作業量を

2時間くらいでできるようになりました。

 

具体的には

・インスタ3投稿

(編集とか割と凝ったやつ)

・ストーリー3アカウント更新

・ブログ1記事

(約2000文字)

・YouTube動画

・LINE@返信

・筋トレ10分

・卒論執筆(大学の課題)

・読書1冊

 

これらをわずか2時間

かかっても3時間には終えます。

 

昔は同じ作業量で

8時間はかけてました。

 

それはそれでかけ過ぎですがw

 

とはいえ、今は割と仕事スピードは

早い方だと思います。

 

「もともと要領がいいんでしょ?」

 

いいえ、先述の通り

今では2時間でできる作業に

8時間かけていました。

 

決して要領は良くないし

むしろ悪いくらいです。

 

では、どうして僕は

仕事が早くなったのか??

 

結論を言うと

「人に頼ったから」です。

 

仕事ができる人は

人に頼るのがうまいです。

 

逆に仕事が遅い人は

人に頼れません。

 

「ん?人に頼るのが上手いって

どう言うこと?」

 

と思うでしょうが、

「人に頼るのが上手い」を

要素に分けると

 

・人に頼み事をする勇気がある

・自分の仕事に主体的である

・自分のやるべきことを理解してる

 

 

主にこの3つだと思います。

1つずつ解説します。

 

これから先を読むと

「なぜ人に頼ると

仕事が早くなるのか?」

 

がイメージでわかって来ます。

 

逆に、

「人に頼らないと

仕事が遅いままだな…」

とも気づけるはずです!

 

では、ご覧くださいませ。

 

【人に頼み事をする勇気がある】

日本人は特に、

人に気を使う性格です。。

 

「こんなことをお願いしたら迷惑かな?」

と思い、渋ってしまう人も多いでしょう。

 

僕もそうだったので…。

 

 

とはいえ、案外頼まれた人は

嬉しいものです。

 

「お、頼りにされてる!」

と思います。

 

僕の場合は、

商品のセールスページを作るときに

「どうやって商品の良さをアピールすれば、

みた人は欲しくなるんだ??」

と、ちんぷんかんぷんでした。

 

なので、すでに稼いでる人に

 

「自分はこう言う商品を持っていて、

ターゲットのお客さんは

このような人なのですが、

どんなことを意識して書くといいですかね?」

 

といって、自分のページを見せました。

 

すると、

 

「もっと、この表現は、

この心理に訴えた方がいいかな!」

 

と、自分に抜け落ちてた視点に

気づかせてくれます。

 

なので、自分一人で

考え込んでた時よりも

 

スイスイ問題解決できて

仕事のスピードも日に日に早まります!

 

こうすれば、いい記事が書ける!

と分かってくるので、

迷いがなくなるんですね。

 

 

【自分の仕事に主体的である】

 

まず、主体性がないと

人に頼ろうとは思えないです。

 

自分がその仕事に対して

どんな目的、思い、理念があるかを

しっかり理解して

 

「もっと結果を出さないと!」

と思う

 

かつ、「人に頼る大切さ」

を理解してれば

 

「○○さんに聞いてみよう!」

とすぐに行動を移せるからです。

 

仮に、嫌々やるアルバイト

みたいな仕事だと

 

もっと結果を出そうとか

あまり思えません。

 

なので、わからなかったら聞くけど

「もっと仕事の質を高めよう!」

とは、なりづらいですよね。

 

「早くバイト終わんないかなぁ」

しか考えないと思いますw

 

(僕も某飲食店でバイトしてる時

帰ってYouTube見たいしか

考えてませんでした。)

 

とはいえ、アルバイトでも

将来に直結したり、

やりがいがあるのであれば

割と主体的になれるはずです。

 

その場合においては

やる気がない仕事の時よりも

 

先輩の仕事ぶりを進んで観察して

「どうしてあんなに効率的に

動けるんですか?」

 

と、自然に質問が出てくるはずです。

 

その質問こそが

「人に頼る」と言うこと。

 

自分の仕事に意味を見出し

主体的であればあるほど

 

質問がたくさん湧いてくるから

人を頼らざる得なくなる

というロジックです。

 

【自分のやるべきことを理解している】

 

さっきの「主体的であること」と

似ているかもしれません。

 

要は、「自分で考える」

と言うことです。

 

「え、さっきは人に頼れって

言ったじゃん!」

 

と思う人もいそうですが

その人は多分「頼る」と「依存」が

ごっちゃんになってます。

 

「頼る」は、主体性が含まれてて

自分のやるべきことを理解してて

「もっと良くするには?」を

考えた結果、人を頼ります。

 

つまり、物事をよくするための

「一手段」として

人を頼ります。

 

「依存」は、

依存する対象がいなくなったら

その人も終わりです。

 

例えば、親に依存する人は

親がいないと何もできません。

 

1人暮らしができないし

親が亡くなったら

自分だけでは生きていけません。

 

「頼る」と「依存」は

しっかり区別しましょう!

 

依存してはダメですね。

頼ってください。

 

話を戻します。

 

「自分のやるべきことを理解しよう」

ということですね。

 

これがわからないと、

そもそも人に何を頼めばいいか

わからないですよね。

 

だから、自分のやるべきことは

理解しないといけません。

 

仕事の目的・目標、

それを達成するための手段、

それら手段の中の優先順位。

 

こう言ったのをざっとリスト化して

自分より進んでる人

(先輩や結果を出してる人)に

 

「今こう言ったことをやってて

こういうことに悩んでます。

自分では、○○が原因かと思い

○○という対策を練っています。

 

しかし、思うようにいかないのですが

何かアドバイス等はありますか?」

 

見たいに聞けると

相手も答えやすいですね。

 

 

自分の目標、現状、

目標と現状のギャップを埋めるために

やっていることと途中経過

(数値とかのデータがあれば良い)。

 

これらを伝えると

相手のアドバイスも

ピンポイントで帰って来やすいです。

 

相手が答えやすいように

配慮するという意味でも

自分のやるべきことを理解するのは

かなり大事ですね。

 

もし仮に

「○○ができません。

どうすればいいですか?」

 

 

と聞かれたら

「(…。抽象的だなぁ)

えっと、Aという対策もあるし、

Bもあるし、Cっていう手もあるよ」

 

となると思います。

 

かなり答えづらいですよねw

 

相手が答えやすい状況を作り

ピンポイントのアドバイスをいただき

仕事のスピードを上げるためにも

 

自分のやるべきことを

しっかり理解しましょう!

 

【結論】人を頼ろう!

 

仕事が遅い人は

「モチベーションがない」

とかの前に、人に頼ってません。

 

一方、仕事が早い人は

人に頼り、力を借り、

自分よりレベルの高い人の

思考をどんどん吸収します。

 

その思考をどんどん実践し

作業をしていくことで

 

「仕事早いですね!」

と言われる人になります。

 

自分にはない視点に

気づけるからですね!

 

そこには

仕事を早く&質を高めるヒントが

たくさん詰まっています。

 

仕事が早い人になりたいのであれば

どんどん人を頼りましょう。

 

みじかな人でいいと思います。

 

自分よりちょっと進んでる人が

ちょうどいいですかね。

 

あまりにも凄すぎる人だと

差がありすぎて萎えると思うのでw

 

とはいえ、

「すごい人を見ると、

やる気が出る!!」

というタイプの人はいいと思います。

 

そこは個人で調整ですね。

 

自分のバイト先の先輩

仕事の上司

同僚

 

いろんな人がいると思うので

「この人のここを真似たい!」

があれば、頼りましょう!

 

身近に頼れる人がいない場合は

SNSなんかでDMを飛ばせば

意外とあってくれる人も

いると思うので

 

一か八か

アプローチするのもアリですね。

 

僕も過去に4、5回ほど

SNS関係で知り合った方もいますし

一緒に仕事するほどの

仲になった方もいます。

 

僕にコメントするのもアリですw

 

とにかく行動しないと

何も変わりませんので、

 

自分なりに考えて、

主体的に動いていきましょう!

投稿者プロフィール

murakou
僕はバックパッカー、ネットビジネス、Webライティング、コンテンツ販売、メンタルコンサルティングを主にやっています。

これだけやっていると、超アクティブで才能のある奴だと思われがちですが、もともとはコミュ障で自信もなく、面接にも落ちまくるようなコンプレックスの塊でした。ましてや頭も悪く、毎日10時間の勉強時間にかかわらず、Fラン大学にしか受かりませんでした。ゆえにうつ状態になり、人間関係もこじらせ生きる意味を見出せなくなり苦しみました。
しかしそんな僕でも「失敗しても、死ぬことはない」と吹っ切れ、今までやったことの無いモノにチャレンジしまくった結果、自信がつき充実した生活、仲間を得て楽しく生きれる様になりました。

このブログではそんな僕の日々の学びや、世界を旅して得た知見をシェアします。人生に刺激を求める人、自分に自信をつけたいけど何すればいいかわからない人、海外に興味ある人は是非、読み物として面白いと思うのでどんどん好きな記事から呼んでくれれば幸いです。コメントなどくれれば喜んで返信します。

スポンサーリンク



ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

僕はバックパッカー、ネットビジネス、Webライティング、コンテンツ販売、メンタルコンサルティングを主にやっています。 これだけやっていると、超アクティブで才能のある奴だと思われがちですが、もともとはコミュ障で自信もなく、面接にも落ちまくるようなコンプレックスの塊でした。ましてや頭も悪く、毎日10時間の勉強時間にかかわらず、Fラン大学にしか受かりませんでした。ゆえにうつ状態になり、人間関係もこじらせ生きる意味を見出せなくなり苦しみました。 しかしそんな僕でも「失敗しても、死ぬことはない」と吹っ切れ、今までやったことの無いモノにチャレンジしまくった結果、自信がつき充実した生活、仲間を得て楽しく生きれる様になりました。 このブログではそんな僕の日々の学びや、世界を旅して得た知見をシェアします。人生に刺激を求める人、自分に自信をつけたいけど何すればいいかわからない人、海外に興味ある人は是非、読み物として面白いと思うのでどんどん好きな記事から呼んでくれれば幸いです。コメントなどくれれば喜んで返信します。