【動画あり】タイで宿を探す編【海外一人旅】

スポンサーリンク



僕はよく東南アジアで旅をするので
経験を生かしつつ、記事を書きます。

今回は、【タイで宿を探す】です。

タイを始めとした
これまで旅をした
ラオス、ベトナム、カンボジア、
マレーシアといった国は

比較的、宿が多いです。

予約をしなくても
割と入れます。

事実、僕は旅をする中で
宿の予約を入れたことは
一回もありません!!

東南アジア6カ国を旅した時も
一回も予約を入れず
いきなり宿へ押し寄せました!

が、普通に泊まれましたw

というのも、旅してると

「お、この近くの町で
ガイドブックに
載ってない所があるぞ!
気になるww」

みたいなノリで
急に行き先を変更することがあるからです。

宿が多いので
予約なしでも安心して
寝床を確保できます。

このゆるさ、手軽さが
東南アジアを旅したい!
って思わせる大きな要素でもあります。

「大将、空いてる〜??」
みたいな感じで
部屋を確保できるので。w

すごく楽です。

余談ですが
人も笑顔で肩の力が抜けていて
ゆるーい雰囲気なので

面倒くさがりやな僕からしたら
かなりマッチしてる国柄です。w

東南アジアまた旅したいなーって
思ってきましたね、
この記事書いてたら。😄

この記事の目的は
東南アジア(特にタイ)を
旅したい人に向けて

宿の取り方、
その雰囲気をイメージしやすくして

「よし、旅してみよう!」
を後押しするためです。

旅すると、
日本では会えない人、価値観に
出会えますし

自分と向き合う機会も
かなり増えるので

いろんな意味で人生観が
変わってくると思います。

僕の例で言えば

東南アジアで留学したり
旅しまくってから
価値観が変わって

今では自分でWebメディアを運営し
金を稼いでます😄

どういう経緯でそうなった!?
て話ですが

今までしてこなかった経験を
実際にやることによって
思いがけない行動に
繋がることがありますよ。

だから人生って何があるかわからないし
楽しいなーって思いました。

その大きなきっかけが
僕にとって「海外一人旅」だった。

だから、
「旅したいけど怖いかも」
って人を、少しでも後押ししたい!

と思ったので
記事を書いたという次第です。

では、今回はこの辺で
筆をおきます😌

【宿の取り方 まとめ】

①宿を見つける

たくさんあります。
もしなかったら、町の人に
「ゲスッハウ、ティーナイ
(クラップ)?(女性→カップ)」

と聞いてください。

タイ語で
「ゲストハウス(安宿)」は
どこですか?

という意味です。

※旅行前に
簡単なタイ語は覚えた方が
快適に動けると思います。

とは言え、旅行だけのために
わざわざ勉強するのもアレなので
この本を持ってくと便利です。


旅の指さし会話帳1 タイ [第3版] (旅の指さし会話帳シリーズ)


絵が豊富に載ってるので
「これを伝えたい!」
と思ったら、指をさします。

絵の上には
現地の文字(タイ語)も載ってるので
相手もすぐに理解できます。

旅行の心配事・ストレスが
一気に解消できるのでオススメです😄

②宿を見つけたら
スタッフ的な人に
交渉しましょう。

何日泊まるか
伝えてください。

英語なら
『ワンナイト(一日)』
と言えばOKです。

※僕の経験上、
タイの安宿は大体
3、400バーツほどあれば
余裕で泊まれます。


(日本円で1200円くらい)

東南アジアほぼ全域において
この手順で宿に泊まれます。

(タイ、ラオス、ベトナム
カンボジア、マレーシア。)



投稿者プロフィール

murakou
僕はバックパッカー、ネットビジネス、Webライティング、コンテンツ販売、メンタルコンサルティングを主にやっています。

これだけやっていると、超アクティブで才能のある奴だと思われがちですが、もともとはコミュ障で自信もなく、面接にも落ちまくるようなコンプレックスの塊でした。ましてや頭も悪く、毎日10時間の勉強時間にかかわらず、Fラン大学にしか受かりませんでした。ゆえにうつ状態になり、人間関係もこじらせ生きる意味を見出せなくなり苦しみました。
しかしそんな僕でも「失敗しても、死ぬことはない」と吹っ切れ、今までやったことの無いモノにチャレンジしまくった結果、自信がつき充実した生活、仲間を得て楽しく生きれる様になりました。

このブログではそんな僕の日々の学びや、世界を旅して得た知見をシェアします。人生に刺激を求める人、自分に自信をつけたいけど何すればいいかわからない人、海外に興味ある人は是非、読み物として面白いと思うのでどんどん好きな記事から呼んでくれれば幸いです。コメントなどくれれば喜んで返信します。

スポンサーリンク



ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

僕はバックパッカー、ネットビジネス、Webライティング、コンテンツ販売、メンタルコンサルティングを主にやっています。 これだけやっていると、超アクティブで才能のある奴だと思われがちですが、もともとはコミュ障で自信もなく、面接にも落ちまくるようなコンプレックスの塊でした。ましてや頭も悪く、毎日10時間の勉強時間にかかわらず、Fラン大学にしか受かりませんでした。ゆえにうつ状態になり、人間関係もこじらせ生きる意味を見出せなくなり苦しみました。 しかしそんな僕でも「失敗しても、死ぬことはない」と吹っ切れ、今までやったことの無いモノにチャレンジしまくった結果、自信がつき充実した生活、仲間を得て楽しく生きれる様になりました。 このブログではそんな僕の日々の学びや、世界を旅して得た知見をシェアします。人生に刺激を求める人、自分に自信をつけたいけど何すればいいかわからない人、海外に興味ある人は是非、読み物として面白いと思うのでどんどん好きな記事から呼んでくれれば幸いです。コメントなどくれれば喜んで返信します。