カンボジアの交通が無法地帯すぎた

スポンサーリンク



問題のシーンが下記。

ここは、
カンボジアの首都
プノンペンです。

中国資本の高層ビルや
イオンモールなどの日本企業が
続々と進出し

経済発展してる都市です。

プノンペンのイオンモール


僕が行った2018年3月時点でも
割と都会でした。

スタバや日本食レストラン
おしゃれなカフェがあります。

宿にもWi-Fiが完備されてるところが
多かったです。

なのでリモートで働く人は
僕もそうですがネット事業をする人は
割と快適に暮らせると思います。

ここだけの話(どうでもいい話)
割と本気で、カンボジア移住を
考えています。

移住したら
現地からの発信を
頑張りたいと思います。

余談はここまで。

今回言いたいことは
「カンボジアの交通は
無法地帯です。」

ということ。

先ほど
首都プノンペンを褒めまくりましたが

ぶっちゃけ交通事情に関しては
難点が多い印象です。

首都の交差点にも関わらず

・車線を無視する車
・四方から車が押し寄せる
危険な交差点
・渋滞

といった状況です。

日本みたいに
車が車線に沿って走行し
信号に従って規則正しく
成り立ってる状況とは

ほとんど真逆です!!

ゆえに、ぼーっとしてると
余裕でひかれそうになります。

カンボジアを歩くときは

・しっかり周りを確認!
・車が急に来ることがある
・バイクも脇から(死角から)

飛び出してくることがある
・下手すると、通りすがりの
バイクが財布やスマホを
ひったくりしてくることも!?


お気をつけくださいませ🙇‍♀️

まあ、それはそれで
「日本ではなかなか見れない光景」
ではあるので、

面白いというのが
僕の感想なんですがw

この動画も、
割と楽しみつつ撮ってました。

(宿の3階から撮ってました。)

「よくこんな
ごちゃごちゃしてるのに
ぶつからないな〜」

と。ww

こんな無法地帯みたいな状況でも
成り立っちゃてるところが
さすがカンボジア!て感じで
好きです😌

ちなみに地方の方とか行くと
観光用の大型バスが
普通に大通りを逆走とかすることも
たまーにありますよw

僕の乗ってるバスが
逆走し始めて
発狂しそうになったことがあります。

かなり怖かったです。😅

とは言え、
いろんな意味で思い出がある
感慨深い国なので
また行きたいですね😌

てか、住みたいですね。

本気で考えてます。
では、ここまで読んでくださり
ありがとうございます!

面白いので
動画をまた貼っておきます。

投稿者プロフィール

murakou
僕はバックパッカー、ネットビジネス、Webライティング、コンテンツ販売、メンタルコンサルティングを主にやっています。

これだけやっていると、超アクティブで才能のある奴だと思われがちですが、もともとはコミュ障で自信もなく、面接にも落ちまくるようなコンプレックスの塊でした。ましてや頭も悪く、毎日10時間の勉強時間にかかわらず、Fラン大学にしか受かりませんでした。ゆえにうつ状態になり、人間関係もこじらせ生きる意味を見出せなくなり苦しみました。
しかしそんな僕でも「失敗しても、死ぬことはない」と吹っ切れ、今までやったことの無いモノにチャレンジしまくった結果、自信がつき充実した生活、仲間を得て楽しく生きれる様になりました。

このブログではそんな僕の日々の学びや、世界を旅して得た知見をシェアします。人生に刺激を求める人、自分に自信をつけたいけど何すればいいかわからない人、海外に興味ある人は是非、読み物として面白いと思うのでどんどん好きな記事から呼んでくれれば幸いです。コメントなどくれれば喜んで返信します。

スポンサーリンク



ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

僕はバックパッカー、ネットビジネス、Webライティング、コンテンツ販売、メンタルコンサルティングを主にやっています。 これだけやっていると、超アクティブで才能のある奴だと思われがちですが、もともとはコミュ障で自信もなく、面接にも落ちまくるようなコンプレックスの塊でした。ましてや頭も悪く、毎日10時間の勉強時間にかかわらず、Fラン大学にしか受かりませんでした。ゆえにうつ状態になり、人間関係もこじらせ生きる意味を見出せなくなり苦しみました。 しかしそんな僕でも「失敗しても、死ぬことはない」と吹っ切れ、今までやったことの無いモノにチャレンジしまくった結果、自信がつき充実した生活、仲間を得て楽しく生きれる様になりました。 このブログではそんな僕の日々の学びや、世界を旅して得た知見をシェアします。人生に刺激を求める人、自分に自信をつけたいけど何すればいいかわからない人、海外に興味ある人は是非、読み物として面白いと思うのでどんどん好きな記事から呼んでくれれば幸いです。コメントなどくれれば喜んで返信します。